周囲が揺れ動いてみえるようなめまい

細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最も患者数の多い中耳炎で幼い子供によくみられます。強烈な耳痛や38℃以上の熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が流れる耳漏などのさまざまな症状が出るのです。

自分で外から見ただけでは骨折しているかどうか区別がつかない時は、痛めてしまった所の骨をゆっくり触れてみてください。もしその位置に激しい痛みが響けば骨折の疑いがあります。

男性だけにある前立腺は成長や働きにアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)がとても深く関係していますが、前立腺に発現したがんも同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの作用で成長してしまいます。

悪性腫瘍である卵巣がんは、正常ならば人間の身体をガンから保護する役目を担う物質を作出するための型のような遺伝子の異常により罹患する病気だということが分かっています。

食事の際は、食べようと考えた物を気軽に口へ入れたら20回前後咀嚼して飲み込んで終わりだが、その後体は本当によく働き続けて異物を人体に取り入れるよう努めている。

耳鳴りには種類があって、当事者にしか聞こえないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように他の人にも精度の高いマイクロホンを利用したりすると聞こえてくる点が特徴の「他覚的耳鳴り」とがあり、対処法が変わります。

H17年2月から全てのトクホの外観に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の文章を表示すること義務化した。

体脂肪量(somatic fat volume)には変動が無いのに、体重が食事や排尿等により一時的に増減する際は、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少した人は体脂肪率が上昇するのです。

健康を推進する世界保健機関は、紫外線A波の著しい浴び過ぎは皮ふ病を起こす可能性が高いとして、19歳未満の人が日サロを使う行為の禁止を先進国に推奨しています。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が狭くなって、血流が途絶え、重要な酸素や栄養が心筋まで配達されず、筋細胞自体が壊滅状態になってしまう危険な病気です。

うつ病は脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、疲労感、食欲低下、体重減少焦り、極端な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図等の深刻な症状が出現します。

ピリドキサミンは、かの有名なアミノ酸をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源を燃やすために必要な回路へ入れるために更にクラッキングするのを支える働きもあると言われています。

吐血と喀血は両方とも口腔からの出血ですが、喀血の方は咽頭から肺に達している気道(呼吸器の一つ)から血が出る症状で、吐血とは無腸間膜小腸よりも上部にある消化管から血が出ることを示しています。

HMSの調べによると、通常のコーヒーと比較して毎日2~3カップのカフェインが90%以上除去されたコーヒーに変えると、驚くことに直腸がんの発生率を約半分も減少させたという。

自転車の転倒事故や屋根からの転落など、著しく大きな負荷が体にかかった場合は、複数の部位に骨折が発生したり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、ひいては内臓が損傷することもあり得ます。

トコトリエノールの作用としては酸化を防ぐ効果が格段に知られてはいますが、これ以外にも美肌作用や、血清コレステロールの生産を抑えたりするということが知られています。

不整脈の中でも期外収縮は、健康でも出ることがあるため難しい重病ではないのですが、発作が数回再三みられる場合は危ないといえます。

加齢に伴う耳の聞こえ辛さは緩やかに聴力が低くなっていきますが、通常60歳を超えてからでないと聴力の衰えをしっかりと自覚できないものです。

高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、数多くの研究によって、予防の効用が期待されるのは、注射の2週間後からおよそ5カ月程だろうと言われているようです。

基礎代謝量(kcal)というのは就寝中ではない状態で命を維持する(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張の保持など)のに必要な理論上のエネルギー消費量のことなのです。

吐血と喀血はいずれも口から血を吐くことですが、喀血というものは咽頭から肺に続く気道(きどう、呼吸器の一つ)からの出血のことで、吐血というのは十二指腸よりも上にある消化管から出血する状態を表します。

ロックのライブの場内やディスコなどに置かれた大きなスピーカーのすぐ脇で爆音を浴びて耳が遠くなる症状を「音響外傷」と言うのです。

脳卒中のくも膜下出血は90%近くが「脳動脈瘤」と呼ばれる血管にできる不必要な瘤(こぶ)が破裂して脳内出血してしまうことが原因となって発症してしまう病として認識されるようになりました。

エイズウイルス、すなわちHIVを有する血液や精液のほか、腟分泌液、母乳、唾液などのあらゆる体液が、乳飲み子や交渉相手などの傷口や粘膜部分などに触れれば、HIV感染のリスクが高くなってきます。

通常ならば骨折は起こさない程度の小さな圧力でも、骨の同じポイントだけに幾度も繰り返しいつまでも力が加わることで、骨折してしまうことがあるので油断できません。

常在細菌のひとつであるブドウ球菌(スタフィロコッカス)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、毒素が非常に強い黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒の脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種類に分けることができるのです。

骨折して大量出血した場合に、血圧が降下して周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや冷や汗、悪心、座っていても起こる失神などの色々な脳貧血症状があらわれる場合があります。

チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果によると、体の大きな成人よりも体の小さな未成年のほうが飛散した放射能の害を受容しやすくなっていることが分かるのです。

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが多く付いた脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や狭心症といった多種多様な疾患の合併症の素因となる恐れがあるのです。

お酒に含まれるアルコールを分解する作用のあるナイアシンは、苦しい二日酔いによく効きます。ゆううつな宿酔の原因とみられるアセトアルデヒド(acetaldehyde)という物質の無毒化に携わっているのです。

こちらもおすすめ>>>>>タマゴサミンを効かないという人は