不足によって見えづらくなります

ともすると「ストレス」というものは、「無くすべき」「除去しなければいけない」と断定しがちですが、実際は、我々は様々なストレスを体験しているからこそ、生き続けることが可能になるのです。

アルコールを分解する肝臓に脂質や食物由来コレステロールが付着した脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、脳梗塞を筆頭にありとあらゆるトラブルを招く可能性が高いと考えられています。

年齢を重ねることによる耳の聞こえにくさにおいては緩やかに聴力が落ちていきますが、一般的に還暦を超えてからでないと聴力の衰退をはっきり自認できないものです。

ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、手先や足先が痺れるような感覚があったり脚の浮腫などがよく見られ、症状が進んでしまうと、最悪の事態では呼吸困難に陥る心不全などを併発することがあるようです。

エイズ(AIDS)はヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症であり、免疫不全を招いて健康体では感染しにくい日和見感染やガンなどを複数発症する症候群の事を総称しています。

腰などが痛むヘルニアとは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨と背骨の間でクッション的な役目を担っている椎間板(ついかんばん)という名の円形の組織が飛び出た状態を称します。

外から眺めただけでは折ったのかどうか判別できない時は、怪我をしてしまったポイントの骨を弱めに圧してみてください。もしその位置に強い痛みが響けば恐らく骨折だと思われます。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番よくある中耳炎で比較的幼い子供によくみられます。強い耳の痛みや38度以上の熱、鼓膜の腫れや炎症、膿が出てくる耳漏などの色々な症状がみられます。

BMIを求める計算式はどこの国でも共通ですが、数値の評価基準は国単位でそれぞれ少しずつ違い、一般社団法人日本肥満学会ではBMI22が標準、25以上は肥満、BMI18.5未満の場合を低体重としているのです。

日光を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを支える特徴が特に有名で、血液中の濃度を操り、筋繊維の機能を操作したり、骨を作ります。

明るくない場所では光量不足によりものを見るのが難しくなりますが、さらに瞳孔が開くので、目の水晶体のピントを合わせるのに余分なパワーがかかってしまい、結果的に光の入る場所でものを見るより疲れやすいです。

体脂肪の量(somatic fat volume)に変化が見られず、体重が食物摂取や排尿などで短時間で増減するような場合、体重が増加した人は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減ったら体脂肪率が高まることがわかっています。

何かを食べる時は、食べたいと感じた物を気軽に口へ運んで何度か噛んで嚥下して終わりだが、そのあと人体は本当によく活動し異物を身体に取り込むよう努めている。

スギの木の花粉が飛ぶ期間に、まだ小さなお子さんが発熱は確認できないのにしょっちゅうクシャミしたり水っ洟が止んでくれない症状なら、その子は杉花粉症の恐れがあるでしょう。

ポリフェノールで最も有名な特長はL-アスコルビン酸やV.E.(ビタミンE)などとは違い、細胞間の水溶性の部分、脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を防ぐ作用を持っているのです。

目と目を合わせることで、本人が猫のことをとても愛おしいと感じることによってオキトキシンというホルモンが多く分泌され、結果としてストレスを低減したり精神の癒しなどに繋がっていくのです。

消化器科の領域である急性腸炎は、一般的には腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状が出る位で済みますが、細菌感染から来ている場合は酷い腹痛・繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38度台の高い発熱が違いだといえます。

肝臓を健やかな状態にキープし続けるためには、肝臓の有害物質を分解する作用が落ちないようにすること、分かりやすく言えば、肝臓の老化を食い止める対策を迅速に実行することが必要でしょう。

脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂の分泌異常が原因で発病する湿疹で、皮脂分泌が異常をきたす原因としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの崩れ、ナイアシンなどビタミンBコンプレックスの欠乏等が大きいと考えられています。

もしも血液検査で現時点での卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が基準値よりも足りなくて早発閉経(early menopause)と判明した場合、不足分の女性ホルモンを補充するような治療で緩和が期待できます。

ダイエットに没頭するあまり摂取カロリーの総量を抑える、ほとんど食べない、こうした生活のスタイルが必要な栄養までもを不足させ、慢性の酷い冷え性をもたらしていることは、多くの医療関係者が危惧されています。

BMI(体重指数を算出する式はどこの国も一緒ですが、数値の評価水準は各国異なり、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22であれば標準体重とし、BMI25以上は肥満、18.5未満の場合だと低体重と周知しています。

高血圧(hypertension)がある程度続くと、血管に重い負担がかかった結果、体中のあちこちの血管にトラブルがもたらされて、合併症を発症する割合が大きくなるのです。

暗い場所では光量不足によって見えづらくなりますが、更に瞳孔が開くため、目の水晶体のピントを合わせるのに余分なパワーが使われてしまい、結果的に日の差す場所でものを眺めるより疲れやすいです。

トコトリエノールの機能としては酸化を防ぐ機能が一際認知されてはいますが、これ以外にも肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの生成を抑えたりすることが確認されています。

常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、大別すると毒素の非常に強い黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と毒素の強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類が挙げられます。

くも膜下出血とは9割近くが「脳動脈瘤」と呼ばれる脳内の血管にできるコブが破裂してしまう事が理由となって罹患してしまう死亡率の高い病気だと多くの人が認識しています。

吐血と喀血、いずれも口腔からの出血ですが、喀血というものは咽頭から肺をつないでいる気道(きどう)からの出血のことで、吐血は無腸間膜小腸より上部にある食道などの消化管から出血する症状のことを表します。

基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が何もせずに動かなくても使う熱量のことですが、大部分を全身の骨格筋・最も大きな臓器である肝臓・脳の3種類で消費していると考えられているようです。

悪性の腫瘍である卵巣ガンは、通常なら人をがんにさせない働きを持つ物質を生産するための鋳型ともいえる遺伝子の異常が引き金となり発生してしまう病気だというのは周知の事実です。

あわせて読むとおすすめ>>>>>ベジセーフの危険性が望むものではなかった