食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝

ばい菌やウィルスなど病気をもたらす病原微生物が肺へ進入し伝染してしまい、肺全体が炎症反応を起こした状況を「肺炎」と称しています。

杉の花粉が飛散する時節に、小さな子どもが発熱はみられないのにクシャミを連発したりサラサラした水っぱなが止まない症状に当てはまったら、もしかすると『スギ花粉症』の恐れがあるかもしれません。

内臓脂肪型の肥満と診断され、脂質(ししつ、lipid)、塩分の摂取などによる「高血圧」、高血糖のうち2~3個に相当するケースのことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と呼んでいるのです。

子どもの耳管の仕組みは、大人の耳管と比較すると太い上に短くなっており、尚且つほぼ水平になっているため、菌が進入しやすくなっているのです。大人よりも子供の方が急性中耳炎を発病しやすいのは、これが関わっています。

食事の際は、次に食べたい物をなんとなく口に入れたら約20回噛んで後は飲み下すだけだが、その後身体はまことに健気に動いて食物を体に取り込むよう努めている。

様々な花粉症の症状(水っぱな、鼻づまり、連発するクシャミなど)のために夜よく眠れないと、そのために慢性的な睡眠不足となり、翌朝起床してからの行動に芳しくない影響を及ぼすこともあるのです。

20才代、30才代で更年期がやってくるとすれば、医学的な言葉で表すと「早期閉経」という女性疾患を指します(我が国では40才未満の女の人が閉経してしまう症状のことを「早期閉経(premature menopause)」と言います)。

人間の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に大別することができますが、中耳付近に黴菌やウィルスがうつり、発赤等の炎症がみられたり、体液が溜まる症状が中耳炎というわけです。

くも膜下出血(SAH)とはその8割以上が脳動脈りゅうという血管が変形してできた不要なこぶが破裂して出血してしまうことにより発病する病として認識されています。

基礎代謝量は就寝中ではない状態で生命活動を保つ(心臓、鼻からの呼吸、腎機能の動き、体温や筋肉の緊張の維持等)のに必要な理論上の最小限のエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。

若年層で結核菌に対抗するだけの免疫(抵抗力)を持たない人達が増加していることや、早合点のせいで受診が遅れることなどが原因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染の発生頻度が高くなっているようです。

基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が横臥位でじっとしていても使ってしまうエネルギーのことで、その50%以上を身体中の骨格筋・臓器の中で最も大きな肝臓・頭部の脳の3種類で消費していると言われているようです。

「時間に追われているように忙しい」「わずらわしい様々なお付き合いがとても嫌だ」「テクノロジーやインフォメーションの著しい高度化に付いていくことで精一杯」など、ストレスを受ける主因は人によって異なるようです。

季節性インフルエンザのワクチンでは、今までの研究結果から、ワクチンの予防効果が望めるのはワクチンを注射したおよそ2週後から約5カ月くらいだろうと考えられているようです。

エイズウイルス、すなわちHIVを持っている血液、精液を始め、女性の母乳や腟分泌液といった類の体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜部分に接触することにより、HIVに感染する可能性が出てくるのです。

真正細菌のひとつである結核菌は、患者がゴホゴホと「せき」をすることで外気や内気の中に散り、空中でふわふわと流れているのを他の誰かが吸い込むことで拡がります。

塩分や脂肪分の摂取過多は控えて自分に合った運動をおこなうだけでなく、ストレスの多すぎないような生活を意識することが狭心症の元凶となる動脈硬化を未然に防止する方法なのです。

汗疱状湿疹(汗疱)は主に手のひらや足裏、指と指の隙間などに細かい水疱が出る症状で、通称汗疹(あせも)と言われ、足裏に出現すると足水虫と間違う場合もままあります。

3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を悪くしたり変異を誘引する悪質な物質を体の中で無毒化し、肝臓の動作を促進する動きが分かっています。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手先や足先がジンジンと痺れるような感覚があったり脚の著しい浮腫などがよく見られ、症状が進行してしまうと、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全なども誘引することがあります。

うす暗い場所では光不足のためものを見るのが難しくなりますが、より瞳孔が開くので、眼のレンズのピントを合わせるのに余分な力がかかり、結果的に明るい場所で物を眺めるより疲れやすくなるのです。

針を痛みの発生源に刺す、という物理的な程よい複数の刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスと称されるいわば電気信号の化学伝達を引き起こすのではないかと言われているのです。

不快な耳鳴りには本人しか聞こえないような「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように当事者だけでなく他の人にも高品質なマイクロホンなどを使用してみると感じると言われている「他覚的耳鳴り」とがあるのです。

植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)のひとつのスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の物質について、肝臓に存在している解毒酵素そのものの製造活動をサポートしているかもしれないという新たな事実関係が明らかになりました。

うつ病というのは副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、気分の落ち込み、不眠、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図など様々な症状が心身に現れるのです。

PCの細かなチラつきを抑えるレンズの付いたPC専用メガネがいま最も人気をはくしている要因は、疲れ目の低減に大勢の方々が関心を寄せているからだと推測されます。

体脂肪量に変動がなく、体重が食事や排尿などによって短時間で増減するような時、体重が増加したら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少した人は体脂肪率が上昇するのです。

「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(steatosis hepatis)は、動脈硬化や脳梗塞等々多様な合併症を誘発する可能性があります。

基礎代謝(BM)とは人間が動かずにじっとしていても燃焼する熱量のことで、大方を身体中の骨格筋・一番大きな臓器である肝臓・頭部の脳の3種類で占めると言われているようです。

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、かわって、2012年9月からとなることによって、集団接種ではなく病院などの医療機関で個々に注射するスケジュール管理の必要な個別接種の形

管理人のお世話になってるサイト>>>>>フィナロイドから危険まですべて網羅しました