ギューっと締め付けられるような激しい痛み

消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大多数が腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状が出る程度ですが、細菌性の場合は激烈な腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・下痢と同時に38度台の高い発熱が違いだといえます。

内臓脂肪タイプの肥満と診断され、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2~3項目に合致する様子のことを、メタボと呼びます。

体脂肪の量(somatic fat volume)に変化が見られず、体重が食物の摂取や排尿等によって一時的に増減するような時には、体重が増加すると体脂肪率は低下し、体重が減少すると体脂肪率が上昇します。

ジェネリックという医薬品は新薬の特許が無効になった後に販売される、新薬と変わらない成分で経済的負担を低くできる(薬の価格が高くない)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。

30~39才の間に更年期になるなら、医学的な言葉で表すと「早期閉経」という病気のことを指します(この国では40才以下の女の人が閉経してしまう状態のことを「早発閉経(POF)」と定義しています)。

常在細菌の一種であるブドウ球菌(スタフィロコッカス)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、毒素の強力な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と一方は毒があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つに分けることができます。

痩せたいあまりに1日の総カロリーを控える、食事を飛ばす、こんな暮らしがひいては栄養までもを不足させ、慢性の冷え性を誘発していることは、何度も問題視されているのです。

暴飲暴食、肥満、運動不足、遺伝、精神的なストレス、高齢化など複数の誘因によって、インスリン分泌が鈍化したり、機能が落ちたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病に罹患するのです。

スギの花粉が飛ぶ春に、お子さんたちが体温は平熱なのにくしゃみを連発したりサラサラした水っぱなが出続けているような症状だったなら、その子は『スギ花粉症』の可能性が高いといえます。

めまいが診られず、長時間続く耳鳴りと難聴を何回も発症するパターンのことを区別して「蝸牛型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という症例があるのです。

脂溶性のV.D.は、Caが体に吸収されるのを補助する性質で有名であり、血液中のCa濃度を操作して、筋肉の動き方を微調整したり、骨を生成してくれます。

多くの人に水虫といえば足を思い浮かべ、ことさら足の裏や指の間にできやすい皮膚病だと勘違いされやすいのですが、白癬菌にかかる場所は決して足だけではないので、体の色んな部位にもうつるという可能性があるので注意してください。

抗酸菌のひとつである結核菌は、菌に感染している人がゴホゴホと「せき」をすることで室内や外気に放出され、空気中でふわふわ漂っているのを今度は違う人が吸い込むことにより拡がっていきます。

クシャミに鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の放出される量に追従して悪くなってしまうという傾向があると知られています。

肝臓を元気な状態に維持し続けるためには、肝臓の毒素を分解する力が低下しないようにすること、別言すると、肝臓を老けさせない対策を迅速に実行することが有効でしょう。

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンに2012年9月1日以降は原則無料で接種できる定期接種になるので、病院などで接種してもらう個別接種のスタイルになりますのでご注意ください。

緊張型頭痛とは肩凝りや首こり、張りに誘引される最も多いタイプの頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような激しい痛み」「ズシッと重苦しいような耐え難い頭痛と言われることが多いようです。

20代、30代で更年期になったら、医学的な用語では「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という疾患のことを指します(この国の場合は40歳以下の女の人が閉経してしまうケースをPOFと称します)。

日々の折り目正しい生活の維持、食べ過ぎないこと、程よい運動やスポーツ等、古臭いとも思える体に対する取り組みが肌の老化防止にも活用されるといえます。

不快な耳鳴りには当事者しか感じないタイプの「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように本人だけでなく他の人にも品質の高いマイクロホンを使用すると響いてくると言われている「他覚的耳鳴り」とがあるのです。

「いつも時間に追われている」「気を遣うお付き合いが苦手だ」「テクノロジーや情報の著しい進化に付いていくのに必死だ」など、ストレスを感じやすい要因は人によって異なるようです。

塩分と脂肪分の摂り過ぎをやめて軽い運動に励むだけでなく、ストレスを溜めすぎないような日常生活を心がけることが狭心症の主因となる動脈硬化を事前に防止する方法だといえます。

悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、通常ならヒトを癌から保護する役割を果たす物質を分泌するための金型のような遺伝子の異常が引き金となって発症する病気だということが分かっています。

汗疱(汗疱状湿疹)とは手の平や足の裏、または指と指の隙間などにちっちゃな水疱ができる皮膚病で、一般にはあせもと言われ、足の裏に出てくると足水虫と勘違いされることもあります。

日光に当たると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収されるのを助けるという性質で広く知られており、血中のCa濃度を操って、筋肉の動き方を操作したり、骨を作ります。

自転車の転倒事故や高い所からの落下など、かなり強い負荷がかかった場合は、複数の部分に骨折がもたらされてしまったり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、更には内臓が損傷してしまうこともままあります。

「肝機能の減衰」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)などの数値によってモニタリングできますが、特にここ2、3年肝臓の機能が低下している人々が増加傾向にあるということが分かっています。

ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が失われた後に販売され、等しい成分で自己負担分が少ない(代金が安い)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。

エネルギーとしてすぐに役立つ糖分、細胞の新陳代謝に絶対欠かせない蛋白質など、激しいダイエットではこんな様々な活動をキープするために絶対欠かせない成分までも欠乏させる。

万が一婦人科の検査で現在エストロゲンとゲスターゲンの分泌量が足りず早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと分かった場合、その女性ホルモンを補充してあげる医術で改善が期待できます。

おすすめ⇒ベジセーフの危険性で町内が騒然