数十年に及ぶ追跡調査の結果によると

内臓脂肪過多の肥満が確認された上で、脂質過多、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2~3項目当てはまるような事例を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と呼んでいるのです。

日々の規則正しい暮らしの継続、腹八分目を心がけること、持続可能なスポーツ等、古典的とも言える体に対するおこないが老化防止にも関係しているといえます。

基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が何もしていなくても燃焼してしまうエネルギー量のことで、大部分を骨格筋・最も大きな内臓である肝臓・頭部の脳の3種類で使うのです。

吐血と喀血はどちらも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血の方は咽頭から肺に続いている気道からの出血のことであり、吐血は無腸間膜小腸より上にある食道などの消化管から出血することを指しています。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは環状、すなわち輪っかのような円い形をした紅い発疹や鱗屑など、皮膚症状の総合的な病名で、その病因は実にいろいろだといえるでしょう。

鍼を皮膚に刺す、という物体的な程よい無数の刺激が、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスと称される要は電気信号伝達を起こすのではないかと考えられているのです。

PCモニターの光のちらつきを低減するレンズの付いた専用メガネが今人気を博しているのは、疲れ目の予防策に多くの人が惹かれているからだと推測されます。

平成17年2月より新たに全ての特定保健用食品の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起のキャッチコピーを表記すること食品メーカーの義務となった。

ピリドキサールには、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれているエネルギー代謝のために必要な重要な回路に入れるために輪をかけて細分化することをサポートする機能もあると言われています。

スギの花粉が飛散する1月から4月の時期に、小さな子どもが体温は平常なのにくしゃみを連発したり鼻水が止まないような状況なら、杉花粉症の恐れがあります。

必要な栄養を網羅した食生活や適度な運動はもちろん、ヘルスアップやビューティーアップのために、欲しい栄養を補うために様々な成分のサプリメントを飲む行為が普通になったそうです。

高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、臨床データに基づいた研究結果によって、ワクチンの予防接種効果を見通せるのは、注射のおよそ2週間後から約5カ月くらいだろうということです。

内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは断言されなくても、臓器に脂肪が付着する型式のよくない肥満を抱えてしまうということで、複数の生活習慣病を起こす可能性が高まります。

めまいは診られないのに、しつこく不快な耳鳴りと難聴の2つの症状を複数回発症するケースを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という呼称で呼ぶ場合が多いそうです。

陰金田虫は20代~30代の男性に多く見られる傾向があり、大抵は股間部にだけ広がり、激しい運動をしたり、お風呂上りなど体が熱くなると猛烈な掻痒感があります。

クシャミ、鼻みず、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の不快な諸症状は、アレルギーを誘発する花粉の放出量に比例したように深刻になるという特性があるということです。

パソコンの光のちらつきを軽減させる効果のある眼鏡が現在人気を博している理由は、疲れ目の予防策にたくさんの人が挑戦しているからです。

目と目を合わせることなどで、入居者さんが猫を可愛らしいと感じた時に「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌された結果、ストレス軽減や心のヒーリングなどに繋がります。

いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と言い、カビの一種の白癬菌が陰嚢、股部、お尻などの場所にうつってしまい、棲みついた感染症であり即ち水虫です。

必要な栄養を網羅した食事や体を動かすことは言わずもがな、健康増進やビューティーを目的として、補助として複数のサプリメントを飲用する事がおかしくなくなっているのです。

チェルノブイリ原子力発電所事故に関する数十年に及ぶ追跡調査の結果によると、大人に比べると若い子供のほうが漏れた放射能の良くない影響を受容しやすいことが読み取れます。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番多い中耳炎で小さな子供に起こりやすい病気です。耐え難い耳痛や38度以上の高熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(じろう)などの色々な症状が起こるのです。

常在細菌のブドウ球菌(英:staphylococcus)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒の極めて強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と毒の脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類に分けることができます。

急に発症する急性腸炎は、普通は腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状がみられる程度ですが、細菌感染から来ている場合は相当ひどい腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38℃以上の高熱が出るのが通例だといえます。

汗疱というのは主に掌や足裏、指の間などにプツプツとしたちっちゃな水疱ができる疾患で、通俗的にはあせもと呼ばれており、足裏に出現すると足水虫と思い込まれることも多くあります。

肝臓を健康に保持し続けるためには、肝臓の有害物質を分解する力が下がらないようにすること、別言すると、肝臓のアンチエイジング術を実行することが重要だと言われています。

日々の折り目正しい生活の継続、腹八分目を志すこと、程よい運動やスポーツ等、古臭いとも言える自分の健康への注意点が肌のアンチエイジングにも関係しているといえます。

音楽会やライブなどの開催される施設や踊るためのクラブハウスなどに設置された大音量スピーカーの真横で大音量を聞いて耳が遠くなってしまうことを「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と呼ぶのです。

現在、比較的若い世代で感染症の一種である結核に対しての免疫力、すなわち抵抗力の弱い人々の割合が高いことや、自己判断のせいで受診が遅れることが主因のアウトブレイク・院内感染の発生頻度が高いようです。

食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、人間関係などのストレス、老化といった多様な因子が混ざると、インスリン分泌が減少したり、働きが落ちたりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するといわれています。

あわせて読むとおすすめなサイト⇒焼かないサプリで危険を知った